えんどーブログ

英語知識中学生以下でありながら留学を試み、世界一周の夢を持つ20代。留学や旅行、普段の日常のことも掲載する雑記ブログです。

看護師として3つの科で働いたこそ分かる科による特徴

こんにちは!

これから看護師になって働く方、転勤で新たに違う科で働こうと思っている方。

僕は今のところ3つの科を経験しましたので、その体験談をお伝えします。また、他の科につきましても友人から聞いた話をお伝えしたいと思います。

まず、僕が働いたことがある整形外科・総合診療科・脳神経外科の3つの科の特徴をお伝えします!

f:id:yumeha-sekaiissyu:20190409144524p:image

 

整形外科

比較的元気な患者さんが多い科ですね!若い人も多いので半分くらいがほぼ自立している患者さんが多いのではないでしょうか!?ただ、努める病院によっては膝や股関節の手術に力を入れているところもありますので、そうなると高齢者の割合が多くなります。反対に腱板断裂などに力を入れている病院では40-60代の層が多くなりますね。

 

術後の管理も手術によっては全身麻酔を使ってますので全身状態はしっかり観察しますが急変は少なく、股関節の術後でも1日目で歩行訓練したりと回復が早いので看護している側も嬉しくなりますね!(術式によってはゆっくり時間をかけて離床を進める場合があります)また、病院によっては術後はICUで管理することもあります。

しかし、施設で転んでくる方は8割がた認知症を患っていますのでADLを守れなかったりなど手がかかってしまうこともありますが、今はどこの科でもほとんど認知症の患者さんはいますので差はないでしょう。

 

働いてみて感じたことは、どの患者さんでもだいたい同じようなことを観察しますので「勉強しなくても全然できるじゃん」と思ってしまうこともあります。ですが整形外科は勉強すると奥が深く、術式によって回復が早い人・時間がかかる人、手術のアプローチの仕方で禁忌が異なることなどさまざまなことが分かってきます。

 

術後の管理としてはおおまかに分ければ 創部の状態とVSの観察・疼痛が強ければ鎮痛剤を使う というものなので(ほんとは肺の音を聞いて呼吸器合併症がないかみたりもしますよ!?おおまかに分ければです!)他の外科に比べれば厳密な管理をしないような印象を受けますね。あまり清潔操作などする場面はないですが、たまーーーにCVを入れたり・直達けん引などで清潔操作をすることもあります。

 

 

総合診療科

 いってしまえば何でも屋さんですね(笑)僕がいた病院では心不全・肺炎・感染症(尿路感染・敗血症)・癌(ターミナル期)・CPA(心肺停止)・気胸・消化管出血・糖尿病などさまざまな分野の患者さんが入院してました。アメリカの総合診療科では盲腸の手術をするところもあるそうで本当に何でも屋さんですね!

 

だいたいは総合内科のような感じですが、胸腔ドレーンなど挿入している患者さんもいます。ただ、これは総合診療科に所属している医師が何を得意としているかによって左右されることもあります。僕がいた病院ではもともと呼吸器内科で働いていた先生が総合診療科に転勤してきたこともあり、胸膜癒着術など専門的な治療をすることもありました!

 

働いてみて感じたことは、こんなにたくさんの分野の疾患があれば専門的に学ぶのは難しく、広く浅く勉強していくことになります。メリットとしてはたくさんの科を経験できるので自分次第ではたくさんの知識を得ることができます。しかし、先輩にもこんなに広範囲な知識がある人は少ないので専門的な知識を学ぶのは難しいと思います。

たくさんの科に触れてみて今後自分は何科に就きたいのか考えたり、幅広い分野を学びたい方には適していますね!そしてターミナルの患者さんも多くいますので、死期が近づいている患者さんの看護をしたい!と思う方にもいいのではないでしょうか? 

 

 

脳神経外科

ここでは特に専門的な知識を要求されます。脳のどこの部位を障害されているかで出現する症状は全く異なります。

 

第一ステップとしては障害された部位によって現れる症状を把握しないことには始まりません!でなければ、「なんでそんな重要なところみてないの!?」となります。入院して最初に観察した人がみるところを見ていなかった場合、次に観察する人は状態が変わらないのか・悪くなってるのか分かりませんよね(´-`)

 

また脳梗塞の急性期であれば1週間は状態が悪くなりやすいなど、脳出血くも膜下出血にもそれぞれの時期による特徴があります。「今はこのリスクがあるからここは頻回に観察した方がいいな」とアセスメントするときもあれば「もうこのリスクは少ないから先生に確認して変更してもらう」とシビアに観察していた血圧の上限を変えてもらうなどたくさんのことをアセスメントして行動しなければなりません。

 

働いて感じたことはとても責任重大です。ちゃんと観察できてなくて患者さんの状態悪化を見逃してしまったら患者さんの今後の人生に大きく支障をきたしてしまうこともあり、最悪の場合生死に関わります。他の科以上に慎重になりますが、学べば学ぶほど奥が深いものなので何十年働いてる人でも分からないことは多々あります。何か目標があり脳神経外科の知識をつけたい!と思っている人は向いていると思います。

 

 

続いては看護師の友人から聞いた科の特徴をお伝えします。

 

精神科

 精神科でも超急性期・急性期などたくさんの時期に分かれますが、僕が聞いたのは亜急性期~回復期の看護師の話です。身の回りのことができるように支援していく・また退院しても社会生活に適応できるように支援することがメインとなってきます。ここでは患者との付き合いが長くなり、患者さんにとっても病院が居心地の良い場所になってきますので根気良い介入が必要ですね。暴れてしまう患者さんもいるので男性看護師が必ずいて、状態が悪ければ保護室にいれることもあります。

 

オペ室

 基本的に定時に帰れるそうです。最初は器具の準備や術式のことなど学ぶことはたくさんあります。総合病院では一年目は3か月クールで様々な科を周るところもあるみたいです。怖い先生では罵声を浴びせられることもあるみたいですが、慣れてしまえばだいたい把握できるようになるのでそこまで苦に感じることもないんだとか!

ただ土日休みであり、待機はつきものです。そして夜勤もないので稼ぎ時は待機しかないようです。。。

 

小児科

注射ひとつで泣き叫んでしまうことも多いので大変ですね。。。ですが、一番大変なのは患児より家族の対応だそうです。やはり大切な我が子ですから不信感を抱く家族も比較的多かったりするみたいですね。

 

 

同じ看護師でも科によって全く違うのがわかりましたね!自分が何科に向いてるかなんて最初はわからないと思うので、働いているうちにやりたいと思ったことができたら異動すればいいのではないですかね!?

以上で今日の記事は終わります!

 

 

転職相談ならこちらのサイトを!

今なら転職祝い金もらえます!

▼看護師の皆さま▼ 転職検討中なら、セレジョブ看護でLINE相談! 【年収UP】【日勤のみ】【美容】 【クリニック】等の求人多数! あなたにマッチした求人紹介します!